【2021年最新版】競輪界の最高峰・S級S班の選手9人を詳しく紹介!

競輪界最高峰の9選手

私たちKEIRIN BANKは、競輪の楽しさをお伝えするため、予想情報の提供や、信頼できる予想サイトの紹介などを行っています。

競輪といえば、やはりたくましい選手達による超高速の戦いが見ものですが、各選手のことを詳しく知れば観戦がもっと楽しくなるはず。

そこで今回、競輪選手の中でもいわばベスト9にあたる「S級S班」に在籍する選手を詳しくご紹介。

競輪のレースは実力が結果に反映されやすいものですから、彼らを覚えておけば回収率アップにも繋がりますよ!

S級S班は競輪界のトップ

そもそもS級S班というのは、前年末に開催される「KEIRINグランプリ」という一発勝負のレースに出走した9人の選手に与えられる特別な級班。

基本的にはある年のG1優勝者賞金ランキング上位の選手が年末のグランプリに斡旋され、翌年1年間、A級3~1班やS級2~1班のさらに上位であるS級S班の所属となる仕組みになっています。

ここでは、2020年のKEIRINグランプリで成績上位だった選手から順に、2021年度のSS班を紹介します!

2021年S級S班の選手一覧

和田健太郎選手(87期)

和田 健太郎

1981年5月27日生(当時39歳)
出走時点の賞金ランキング(7位)に基づき選出


2020年のKEIRINグランプリで見事優勝を遂げたのがこの和田健太郎選手

彼自身はもちろん当年の賞金ランキング上位で、さらに9人の勝負で勝利したわけですから、実力は相当なものなのですが…
実のところ、競輪ファンの多くは彼の優勝に少なからず驚かされました。

和田選手はこれまでG1レースの優勝経験がなく、またグランプリ出場も2020年が初めて。

彼の勝利は、史上最年長の初出場初優勝、かつ史上4人目となるG1優勝未経験でのグランプリ制覇など、さまざまな記録に残るものだったんです。

ところでグランプリの優勝者は、その後1年間すべてのレースで、有利とされる1枠1番に入ることになっています。

他のSS班と比べて実績で優るとは言い難い和田選手にとっては、むしろプレッシャーにもなりそうな待遇ですね。

もっとも、彼はグランプリ進出以前から安定感には定評のあった選手ですから、引き続き活躍に期待しましょう。

脇本雄太選手(94期)

競輪選手 脇本 雄太

1989年3月21日生(当時31歳)
2020年高松宮記念杯および寬仁親王牌・世界選手権記念トーナメント優勝により選出


2020年、もっともインパクトのある活躍を見せたのがこの脇本選手。

オリンピック自転車トラック種目内定、高松宮記念杯で完全優勝、オールスター競輪では2年連続となるファン投票1位獲得、など華々しい結果を残しています。

昨年末時点でのG1優勝は5度におよび、2020年の最優秀選手賞および国際賞に選出されました。

選手としての強みはなんといってもロングスパートで、最後までマクらせないスピードや、早めに先頭に立ってもそのまま押し切ってしまうペース配分の妙は他に類を見ません。

さて、そんな脇本選手ですが、2021年はオリンピックに向けた合宿やトレーニングを優先するため、当面は競輪レースに出場しない予定となっています。

秋以降の活躍や、それになんといっても五輪でのメダルに期待したいですね。

佐藤慎太郎選手(78期)

競輪選手 佐藤 慎太郎

1976年11月7日生(当時44歳)
出走時点の賞金ランキング(6位)に基づき選出


前年にあたる2019年のグランプリを制したのがこの佐藤慎太郎選手

当時の年齢は43歳1か月で、グランプリ覇者としては歴代2位の高齢記録、1位ともわずか4か月程度の差しかありませんでした。

かつては大けがによるスランプも経験した佐藤選手ですが、2019年のグランプリ出場はなんと前回出場から13年ぶり

そして2020年には2年連続の出場を果たし、この歳にしてキャリア最高の仕上がりと言って過言でない脚を見せてくれました。

彼はベテラン選手ということで、基本的には一瞬の差し脚を武器に戦うスタイルが主流ですが、たとえ前を任せる選手がいなくても好位につけて確定板を確保する器用さが魅力。

かなりの確率で車券に入り、また違反で降着を受けることもほぼないとあって、予想の際には頼りになる存在です。

守澤太志選手(96期)

競輪選手 守澤 太志

1985年7月20日生(当時35歳)
出走時点の賞金ランキング(9位)に基づき選出


1位で紹介した和田選手と同様、2020年が初のグランプリ出場だったのがこの守澤選手です。

近頃は特別競輪でも存在感を示しており、競界を代表する選手と言っても過言でなくなった彼ですが、実はここまでのキャリアはかなり異色。

守澤選手は高校・大学時代、自転車競技の中でもポイントレースやロードレースなど、競輪よりもはるかに長い距離のレースで活躍していたんです。

デビュー以降、一時期はスピード感の違いからか多くの落車や失格・降着に悩まされましたが、昨年末はとうとう競界のトップ9に入る大活躍。

競輪らしい一撃の鋭さが活きる追い込み戦法も身に着け、昨今は展開を問わず車券になる選手としてファンから信頼を集めています。

他のSS班と比べるとまだまだ実績が十分とは言い難い選手ですが、これから脂の乗ってくる年齢だけに要注意ですよ。

平原康多選手(87期)

平原 康多

1982年6月11日生(当時38歳)
出走時点の賞金ランキング(4位)に基づき選出


今回の出走メンバーの中で、もっともKEIRINグランプリへの出走回数が多いのがこの平原選手

最初の出場は2008年でこれまでの出走回数は11回、また直近は8年連続の出走を達成しています。

彼の特徴はなんといってもその恵まれた体格で、100kgに迫る巨体から放たれるマクリはインパクト抜群

さらに平原選手は、地力型としては珍しくヨコの脚にも定評があり、競界最強のオールラウンダーとの呼び声も高い選手です。

さて、実はそんな彼もKEIRINグランプリでの成績は2着が最高で、未だに優勝には恵まれていません。

グランプリは、平原選手のような強豪でさえカンタンには勝てない、競輪の難しさや奥深さを象徴するようなレースなんですね。

清水裕友選手(105期)

清水 裕友

1994年11月9日生(当時26歳)
2020年全日本選抜競輪優勝により選出


出走当時26歳とメンバー中最も若く、また競輪キャリアも浅かったのがこの清水選手

この歳でSS班の椅子を勝ち取ったわけですから、もちろん全国的に見てもトップクラスの選手なんですが…
彼はむしろ、地元山口県を背負って立つ存在として注目されることが多いようです。

彼のKEIRINグランプリ初出場は2018年で、実は山口支部所属の選手としては当時2例目

また清水選手は2020年の全日本選抜で優勝し、山口勢初のG1覇者となったんです。

その活躍ぶりから高杉晋作に例えられることもある清水選手は、まだまだ伸び盛りとあって先が恐ろしい存在。

中四国勢の例に漏れず、どこかゆるーい雰囲気もある彼ですが、勝負にかける意気込みは本物ですよ。

新田祐大選手(90期)

競輪選手 新田 祐大

1986年1月25日生(当時34歳)
出走時点の賞金ランキング(8位)に基づき選出


2着で紹介した脇本雄太選手と同様、競輪だけでなく自転車競技でも素晴らしい結果を残している新田祐大選手

高校在学中の2003年にインターハイの1kmタイムトライアルで優勝、以来東京オリンピックへの参加も内定させるなど第一線で活躍を続けています。

競輪界では、競輪学校でこそなかなか結果を残せなかったものの、デビューから3年で特別競輪の決勝まで勝ち進み、舞台を選ばない実力を見せつけてくれました。

2018年以降はとくに自転車競技に重きを置いて活躍しているため、KEIRINで目にする機会はそう多くありませんでしたが…
それでも3年連続でグランプリの出場を決めているあたり、車券的にもかなり頼りになる存在といえますね。

東京オリンピックが開催予定の今年も、秋冬には競輪で世界レベルの走りを披露してくれそうです。

松浦悠士選手(98期)

競輪選手 松浦 悠士

1990年11月21日生(当時30歳)
2020年オールスター競輪優勝により選出


2020年グランプリの選考期間や、その前後における躍進が最も目覚ましかった選手といえば、この松浦選手でしょう。

2019年には広島勢として59年ぶりの特別競輪優勝を果たし、グランプリへの出場権を獲得。

そして広島勢として初めてとなるS級S班として臨んだ2020年、出場選手がファン投票で選ばれるオールスター競輪に出場し、見事優勝を果たしました。

2021年に入ってからもその勢いは留まるところを知らず、賞金ランキングは春先からトップを独走

本人のキャリアとしてもトップクラスの活躍を続けています。

2020年のグランプリは結果こそ8着だったものの、ここまで紹介した充実のメンバーに臆することなく先行し、主導権を握った充実の内容。

これからの活躍はもちろん、2021年のグランプリでの優勝にも期待できる選手です。

郡司浩平選手(99期)

競輪選手 郡司 浩平

1990年9月4日生(当時30歳)
2020年競輪祭優勝により選出


2020年グランプリの着順こそ最下位だったものの、積極的な走りで和田健太郎選手を運ぶ活躍を見せた郡司選手

2021年上期には賞金ランキングで松浦選手に次ぐ2位につけており、こちらもまさに今伸び盛りの選手と言えます。

全日本選抜で優勝、ダービーでも決勝2着につけているわけですから、実力はもはや競界トップクラスと言っていいでしょう。

ところで、彼に限らず競輪選手は2020年初頭から流行した新型コロナウイルスの影響を大きく受けており、一時はグレードレースが中止されるなどして収入にも影響が及びました。

しかしそんな中郡司選手は地元川崎氏に感染症対策の名目で100万円の寄付を行っており、その姿勢には関心させられます。

数年前にはテレビ番組の企画で合コンに挑む姿を披露したこともあり、そのパーソナリティに注目する競輪ファンも多いようです。

競輪予想はKEIRIN BANKで

ここまでお読み頂き、ありがとうございます。

予想の際にはぜひ中心視したい、S級S班の選手についてご紹介させて頂きました。

当ページが、みなさまの競輪観戦をより楽しくできたなら嬉しく思います。

もっとも、当ページで紹介したような情報はいわば競輪予想における基礎の基礎ですから、これだけで車券を的中させるのはやや難しいかもしれません。

そんなときはぜひ、KEIRIN BANKが提供する予想や、我々も参考にする競輪予想サイトなどをチェックしてくださいね!

選手画像出典:http://keirin.jp

競輪予想ブログKEIRIN BANK


競輪ランキング

おすすめ競輪予想サイト紹介

スタート轟PRバナー
獲得09/07

弥彦2R 2万7000円

獲得09/07

伊東5R→伊東6R 44万3840円

獲得09/07

西武園10R→川口3R 228万5250円

【再現性のある勝利をあなたに】
普通の競輪予想サイトなら、帯封レベルの的中も一度や二度くらいは経験しているもの。
しかし利用者が求めるのは、過去の勝利を誇るサイトではなく、その勝利を自分にも届けてくれるサイトのはずです。

「スタート轟」は、AIを活用することにより、あなたが望む再現性のある必勝体験を作りだしました。

データの改ざんを許さないシステムと、それを活用した秘匿性の高い情報通信網で、人の手以上に高品質な情報をゲット。
その上毎秒アップデートが可能なAIならではの利点を活かし、常勝をシステム化したも同然の安定感を実現しているんです。

さらに「スタート轟」はオートレースの予想提供も行っており、こちらの実力も業界トップクラス。
2つの競技で安定感2倍の「スタート轟」、今なら会員登録するだけで1万円分のポイントがゲットできます!

今日の買い目を見る

アンビシャスPRバナー
獲得09/07

富山8R→富山11R 50万6660円

獲得09/07

防府11R→防府12R 11万5700円

獲得09/07

佐世保1R→佐世保5R 35万5200円

【即10万円につながる情報が500円から】
他社がしきりに予想の威力をアピールする中、なぜかローリターンを自称する「アンビシャス」。
彼らのあまりにも地味なスタイルは、徹底的にリスクを避ける姿勢の裏返しです。

1日あたりわずか500円で投資を積み重ね、ひと月30万円の利益を狙い澄ます――
競輪を副業や投資まで昇華させるのは、こういった派手さのない努力に他なりません。

記者元選手など、優秀な情報ルートの構築は当たり前。
その上でさらに、勝負どころを見極める投資家の目を備えるからこそ、「アンビシャス」は利用者に勝利を約束できる体制が整うんです。

メールアドレスの入力、あるいはLINEの友達登録を済ませれば、その瞬間から投資家生活をスタートできます。

もう、競輪に札束の夢物語を求めるのはやめにしましょう。
月30万というリアルな結果を「アンビシャス」と一緒に目指しませんか?

今日の買い目を見る

競輪CLUB(クラブ)虎の穴PRバナー
獲得09/07

富山10R 42万7200円

獲得09/07

奈良2R→奈良6R 68万1860円

獲得09/07

防府11R 13万3500円

【“LINEでOK”無料予想ゲット!70%の利益継続率を実現】
競輪CLUB(クラブ)虎の穴は、競輪のラインを完全攻略しています。
つまり、大荒れ・鉄板・展開・選手間忖度、すべてを把握しているということ。

それゆえに、利益継続率は驚異の70%を実現。
単発的中はもちろん、3連続コロガシまで、毎週のように提供しています。

完全無料のプロ予想だけでなく…。
情報マガジンやサイト内コラムを見れば、「マル秘」情報との繋がりも頷けるレベル。

穴でも10点・鉄板なら3点前後という少点数予想のおかげで、利益を得やすいのも特徴ですね。

たった数秒のLINE登録を済ませれば、その瞬間から即金情報はあなたのものに。

あとは得られた情報通り投票し、大金の使い方を考えながら、的中報告を待つのみです。

今日の買い目を見る

ファンファーレPRバナー
獲得09/07

富山10R→奈良7R 149万5470円

獲得09/07

富山8R→弥彦1R 32万8960円

獲得09/07

富山11R→弥彦9R 91万840円

【即日利益は想定10万円以上】
過去10年にわたるラインの精査と個人勝負の的中ロジック。
専属記者との独占契約により、正しい情報とデマを見極め、内部の思惑を知るレース厳選。

的中に必要な要素をすべて満たしているファンファーレは、毎日のように大金を提供しています。

初回想定利益は軽く10万円を超え
ありきたりなサイトでは不可能ですが、競輪予想を熟知しているファンファーレにとっては容易いこと。

しかも火・水・木・金・土・日にプロ予想が無料で公開され、その質は他サイトの有料情報と遜色ないほど。

今日の無料予想を見ていたら今頃は…そんな後悔をしないように、まずは無料登録を済ませておくのがベストでしょう。

今日の買い目を見る

競輪予想サイト一覧


TOP