競輪場で勝敗の傾向が違う?バンクの種類・長さと予想ポイントを大公開

競輪場で勝敗の傾向が違う?バンクの種類・長さと予想ポイントを大公開

全国に43会場(改修中含め)ある競輪場。

それぞれバンクと呼ばれるコースが違っているんですよ。
そのため競輪場ごとに、勝ちやすい・負けやすい脚質があります。

またラインと呼ばれるチームを組んで競輪の競争は行われますが…。
バンク次第では、いくら強い選手でも落ちる傾向もあり、

競輪場の特徴を知ることは、必然的に的中率アップにつながります!

まずは競輪場によって異なるバンクの種類や特徴をご紹介します。
そして脚質別に勝ちやすい会場TOP5をまとめているので、予想に役立ててください。

全競輪場のバンクの種類・長さ一覧!基本情報は的中への第一歩

バンクと呼ばれるコースは、「333m」「400m」「500m」の3種類があります。
競輪は1レースのつき約2000mを走るのが基本的なルールなので、333mなら6周・400mなら5周・500mなら4周ですね。

またバンクには「みなし直線」と呼ばれる、最終コーナーからゴールラインまでの距離や、「カント」というコーナーの傾斜角度があります。
どちらもバンクによって異なり、逃げ切り型か追い込み型で、勝ち負けの傾向があるのも競輪ならではですね。

さっそく3種類あるバンクの特徴と、相性の良い脚質を確認していきましょう!

【333m】全部で7会場!逃げ切り型が有利なバンク

会場 見なし直線 カント 特徴
前橋 46.7m 36°0′0″ 日本初のドームバンク
国内唯一の335m
松戸 38.2m 29°44′42″ 通称「サンサンバンク」
みなし直線が全国有数に短い
小田原 36.1m 35°34′12″ 通称「すりばちバンク」
みなし直線が全国で一番短い
伊東 46.6m 34°41′9″ 333mのバンクではみなし直線が最も長い
選手間では400mバンクに近いという声も
富山 43.0m 33°41′24″ カントの差が大きくスピードがでやすい
小回りになるバンク
奈良 38.0m 33°25′47″ 円形に近いバンク
ゴール前の直線で激しい攻防が多発
防府 42.5m 34°41′9″ クセが少ないバンク
脚質不問の展開が目立つ

競輪場のバンク周長で、最も短い333m。

前橋競輪場のみ335mになっていますが、周長の区分けでは333バンクに属します。
もともと前橋競輪場は1周333mで、避難スペース拡張工事により、国内唯一の周長になった経緯があるんですよ。

基本的に333mのバンクは、みなし直線が他のバンク周長と比べ、10~15mほど短いのが特徴。

最終コーナーを曲がるとすぐにゴールラインが見えるので、逃げ切り型の先行選手が有利です。

またカントと呼ばれるコーナーの傾斜角度が高いのも、忘れてはいけないポイント。
カントが急になればなるほど、下るときの速度が出やすく、スピード自慢の選手にはもってこいです。

【400m】全部で31会場!最も多い周長でクセが少ない

会場 見なし直線 カント 特徴
函館 51.3m 30°36′51″ クセがない標準的なバンク
海岸が近く潮風の影響を受ける場合も
青森 58.9m 32°15′7″ 400mバンクのなかでは、カントが急でみなし直線も長い
陸奥湾から風も吹き、日により展開が変わりやすい
いわき平 62.7m 32°54′45″ 日本で唯一、構造物上に設置された通称「空中バンク」
バンクの内側から観戦できる無二の競輪場
弥彦 63.1m 32°24′17″ 1コーナーと4コーナー・2コーナーと3コーナーが対称
通常は非対称ということもあり、選手のバンク慣れが重要
取手 54.8m 31°30′25″ クセがない標準的なバンク
脚質による有利不利はあまりない
西武園 47.6m 29°26′54″ もともと500mのバンク
その名残からカントが400mで最もゆるく、333mバンクと似ているという声あり
京王閣 51.5m 32°10′34″ クセがない標準的なバンク
選手間でも好評です
立川 58.0m 31°13′6″ レムニスケート曲線という、特徴的なコーナーのバンク
走行している選手が外側に膨れやすい
川崎 58.0m 32°10′14″ カントが400mバンクのなかでは急
最後の直線でよく伸びる
平塚 54.2m 31°28′37″ 通称「湘南バンク」
クセがない標準的なバンク
静岡 56.4m 30°43′22″ クセがない標準的なバンク
選手の実力が発揮されやすい
名古屋 58.8m 34°1′47″ 速度がでやすい設計になっているバンク
スピード合戦になりやすい
岐阜 59.3m 32°15′7″ クセがない標準的なバンク
場内にある池でアヒルが飼われている
大垣 56.0m 30°37′8″ 年間を通して息吹おろしが吹く
北西から南西にかけ、風が流れている
豊橋 60.3m 33°50′22″ 333m時代の名残でカントが急
マッコーネル曲線と呼ばれるコーナーになっている
松阪 61.5m 34°25′29″ 周長400m、見なし直線61.5m。
400mバンクで最もカントが急
どんな戦法も力を発揮しやすい
四日市 62.4m 32°15′7″ みなし直線が長く追い込み型が有利
伊勢湾が近く、潮風の影響を受けやすい
福井 52.8m 31°28′37″ クセがない標準的なバンク
すべてが平均的
向日町 47.3m 30°29′7″ 直線が短くまくり・追い込みが決まりやすい
みなし直線距離よりも、選手体感で短め
和歌山 59.9m 32°15′7″ クセがない標準的なバンク
みなし直線が長めで、差しが届きやすい
岸和田 56.7m 30°56′0″ クセがない標準的なバンク
逃げやまくりが決まりやすい
玉野 47.9m 30°37′33″ クセがない標準的なバンク
脚質による有利不利は少ない
広島 57.9m 30°47′34″ クセがない標準的なバンク
選手間では“重いバンク”と言われている
高松 54.8m 33°15′50″ 333mバンクだった名残からカントが急
基本的にはクセがない
小松島 55.5m 29°46′27″ 500mバンクだった名残からカントが緩やか
脚質による有利不利が少ない
松山 58.6m 34°1′48″ 周長400m、見なし直線58.6m
タイムが出やすい高速バンクとして有名
選手の実力がレースの勝敗を決めやすい
小倉 56.9m 34°1′48″ 屋根付き会場では国内最大級
豪快なまくりが決まるシーンが多い
久留米 50.7m 31°28′37″ クセがない標準的なバンク
脚質による有利不利が少ない
武雄 64.4m 32°0′19″ 400m周長で最も長いみなし直線のバンク
ゴール直前の番狂わせうあ波乱が目立ち、追い型の台頭も多い
佐世保 40.2m 31°28′37″ 400m周長で最も短いみなし直線のバンク
自力型の先行脚質が活躍しやすい
別府 59.9m 33°41′24″ 季節を問わず風が吹く
追い型が台頭しやすく、差しが利きやすい

全43会場のうち、31会場が400mバンクです。
競輪のスタンダードな周長といって間違いないでしょう。

基本的にクセがなく、脚質による有利不利は333mや500mと比べ、ほとんどありません
地力のある選手が地力通りに活躍できるのが、400mバンクですね。

ですが競輪場ごとに風・カント・設計を工夫していて、単純なパワー合戦にならないのは面白いところ。
競輪らしいラインや展開の醍醐味が、一番味わえると思います。

【500m】全部で5会場!追い込み型が有利なバンク

会場 見なし直線 カント 特徴
宇都宮 63.3m 25°47′44″ みなし直線がやや長く、カントの角度もあり、先行選手は不利
また追走する番手が後方から抜かれる「交わしの交わし」も多い
大宮 66.7m 26°16′40″ 500m周長で最もみなし直線が長い
追い込み型や差し脚選手の活躍が目立つ
千葉 60.0m 24°13′1″ 国際規格の屋内木製トラックに改修中
250m周長になる予定
高知 52.0m 24°29′51″ 500m周長で最も短いみなし直線
ホーム追い風が吹きやすく、先行選手が残ることも
熊本 69.5m 29°44′42″ 熊本大震災の影響で休止中
改修後はバンクが400m周長になる予定

競輪場のバンク周長で、最も長い500m。
全国に5会場しかなく、そのうち2会場は改修作業中です。

改修後はともに500mバンクではなくなることから、今後減っていく周長といえるでしょう。

理由としては国際規格に合わせた変更。
自力型同士のスピード合戦が主流になり、競輪らしい追い型の出番が少なくなっているからだと思います。

みなし直線が長いことで、先行選手が逃げ切れない展開が目立ちます。
かわって追う型の差しが利きやすく、先行選手の後ろを走る選手の活躍が多いです。

カントが緩く、外からの大逆転は少ないのも特徴でしょう。

【逃げ】が決まりやすい会場TOP5!333mのバンクが圧倒的有利

ランク 逃げ率 会場
1位 25% 前橋・松戸・防府
2位 24% 奈良
3位 23% 富山
4位 22% 西武園
5位 21% 伊東・佐世保

競輪の決まり手の1つである『逃げ』。
ラスト1周の時点で先頭にいる選手が、そのまま誰にも追い抜かされずゴールすることです。

自力型と呼ばれる脚質に多く見られる戦法なんですよ。

逃げ率25%で1位の前橋・松戸・防府の3会場は、いずれも333mのバンクです。
また2位の奈良、3位の富山、5位の伊東も同じ周長と、逃げ切り型にとっては最高の会場です。

4位の西武園と5位の佐世保は400mのバンクながら、みなし直線が短い特徴があるんですよ。
傾向でいえば300mのバンクに近く、みなし直線の距離によって、先行有利かどうかが分かりますね。

【まくり】が決まりやすい会場TOP5!333mのバンクの台頭が目立つ

ランク まくり率 会場
1位 36% 奈良
2位 35% 松戸・防府
3位 33% 小田原・富山
4位 32% 前橋・伊東・向日町・岸和田・広島・小倉
5位 31% 静岡・名古屋・福井・久留米・別府

競輪の決まり手の1つである『まくり』。
ラスト1周の時点で前を走っているラインの先頭選手を、4コーナー(ゴール前曲線)までの間に外側から回って先頭を奪い1着になること。

自力型・両型と呼ばれる脚質に多く見られる戦法なんですよ。

まくり率の1~3位はすべて、333mのバンクが独占しています。
また4位の前橋・伊東も同じ周長なので、すべての333m周長で、まくりが利きやすいといえますね。

ほかにランクインしているのは、すべて400mのバンク。
そのなかでも、とくにクセがないと評判で、走りやすいバンクゆえに、地力が物を言うまくりが決まるんですよ。

【差し】が決まりやすい会場TOP5!500mのバンクを中心にみなし直線が長い周長が◎

ランク 差し率 会場
1位 63% 宇都宮・大宮
2位 62% 千葉
3位 60% 熊本
4位 56% 立川・高知・武雄
5位 55% 函館・弥彦・川崎・豊橋・松阪・四日市・玉野・小松島・松山

競輪の決まり手の1つである『差し』。
先頭を走る選手の後ろ(番手・3番手など)につく選手が、4コーナー(ゴール前曲線)を通過後、直線で追い抜いて1着になること。

追い型と呼ばれる選手に多く見られる戦法なんですよ。

まくり率の1~3位はすべて、500mのバンクが独占しています。
また4位の熊本・立川も同じ周長なので、すべての500m周長で、差しが利きやすいといえますね。

ほかにラインクインしているのは、すべて400mのバンクです。
また400mのバンクのなかでも、とくにみなし直線が長いのが特徴です。

500mバンクで開催されるレースは、必ず先頭の後ろを走る追い型の選手から、予想を組み立てましょう。

競輪に興味がある!一発当てて稼ぎたいなら

ここまで競輪場の周長と種類、会場ごとで勝ちやすい脚質のTOP5をご紹介しました。

全国に43会場(改修中含め)ある競輪場は、それぞれユニークな個性があります。
会場特徴を知らないままでは、的中や一攫千金を掴むのは、正直なところ厳しいです。

ですが競輪だけで生活している人はいます。
一般的なサラリーマンの年収を、わずか数日で稼いでしまう人もいます。

勝っている人に共通しているのは、競輪予想のコツをしっかち自分のものにしているのは大前提。
そのうえで誰よりも早く、正確に、質の高い情報を集めつつ、統計と前例を分析して大金を掴んでいます。

個人レベルでは極めて困難なことですが、それを実現しているのが競輪予想サイト

シュミレーターを導入したり、AIを実装したり、取材班を派遣したり…。
競輪で稼ぐために特化したサイトだからこそ、勝ち続けていくことができるんですね。

登録料や月額料は0円の無料
今日の買い目が万車券になっているかもしれないので、早めに登録を済ませておくのがオススメです。

競輪予想ブログKEIRIN BANK


競輪ランキング

おすすめ競輪予想サイト紹介

日本競輪投資会(J.K.I)PRバナー
獲得10/29

和歌山9R→松戸8R 80万8080円

獲得10/29

岐阜11R→別府5R 42万3400円

獲得10/29

和歌山7R→立川9R 22万1020円

【限定募集!365日対応の無料即金買目を公開中】
資金力は必要ありません。予想をする必要もありません。

あなたの手元に1万円があれば、それが100万円になる。
日本競輪投資会(J.K.I)が徹底しているのは、利益に直結する的中する買目を出すことです。

今まで新規募集を停止していたものの、期間限定で会員枠を開放
新たな情報ルートの確率、既存会員の富裕層への昇華など合わさったため、今回に限り公に出てきました。

たった1度で十分なんです。
これまでの負けも、これからの資金も、たった一度でお金に関する幸せをつかめるでしょう。

「もっと早く日本競輪投資会(J.K.I)を知っていれば…」誰しも口にする圧倒的な鉄板的中の数々は、あなたをお金の不安から解き放ち、思うままの人生へといざないますよ。

今日の買い目を見る

競輪カミヒトエPRバナー
獲得10/29

和歌山8R→別府7R 173万9680円

獲得10/29

岐阜11R→松戸4R 79万4600円

獲得10/29

立川7R→松戸6R 14万7600円

【無料予想だけでも毎週+20万円】
個人レベルではどうしても限界がある競輪予想…。
本当の勝ち組は、全体の10%以下と言われています。

だからこそ競輪カミヒトエは、他社ではコンタクトさえできない血縁者やプロ記者を囲い、専属チームを結成して毎日のように的中を量産しています。

競輪の知識や経験は一切必要ありません。

競輪好きよりも、競輪で稼ぎたい人むけでしょう。

登録は無料ですし、今なら1万円ぶんのポイントがもらえます。
すぐにプロの無料予想も見られるので、登録しないと損になるかもしれません。

今日も会員は鉄板レースで3万円を獲得したり、大穴一撃で100万円以上を手にしています。

今日の買い目を見る

ファンファーレPRバナー
獲得10/29

松阪8R→松阪9R 38万6320円

獲得10/29

松阪2R→松阪3R 28万1280円

獲得10/29

松戸3R→松戸5R 152万1920円

【即日利益は想定10万円以上】
過去10年にわたるラインの精査と個人勝負の的中ロジック。
専属記者との独占契約により、正しい情報とデマを見極め、内部の思惑を知るレース厳選。

的中に必要な要素をすべて満たしているファンファーレは、毎日のように大金を提供しています。

初回想定利益は軽く10万円を超え
ありきたりなサイトでは不可能ですが、競輪予想を熟知しているファンファーレにとっては容易いこと。

しかも火・水・木・金・土・日にプロ予想が無料で公開され、その質は他サイトの有料情報と遜色ないほど。

今日の無料予想を見ていたら今頃は…そんな後悔をしないように、まずは無料登録を済ませておくのがベストでしょう。

今日の買い目を見る

競輪裏街道PRバナー
獲得10/29

岐阜6R 1万6100円

獲得10/29

別府2R→別府4R 10万1430円

獲得10/29

和歌山10R→和歌山12R 230万8770円

【継続した利益を徹底追求】
競輪は、八百長・忖度・デキレースが暗黙の了解。
そう言われるほど、普通ではありえないレースがあるのは、ご存知かもしれませんね。

競輪裏街道は、公表すれば業界が騒然するほどの太いパイプから、本当に稼げる情報だけを集めています。

簡単に言えば、誰でも的中を量産できる仕組みを持っているんですね。

競輪が純粋に好きな方は、競輪裏街道を使うべきではないです。
ですが儲けを最重視しているなら、競輪裏街道ほど相応しいサイトはないと断言できるレベル。

1万円分のポイントプレゼントや、いつでも見られる無料予想から、当たりつづける競輪生活が送れますし、
外れたときの後悔はもう二度と、感じなくなっていくでしょう。

今日の買い目を見る

競輪予想サイト一覧


TOP